最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« お久しぶりです。 | トップページ | あと1ヶ月!!! »

2007年12月16日 (日)

バヌ初の大冒険。

みなさんこんにちは。

日本はずいぶんと寒くなったのでしょうね~。

バヌアツはうだるような暑さです。

ここに1年半もいると冬の寒さってどんなのだっけ?って思えてくるから不思議なものです・・・。

さて、今日は先日行ってきたアンブリムでのお話。

授業のない週が続き、そして私の任期も残すところ4ヶ月。

時間のあるうちにバヌアツを見ておかんといかんでしょ~!!ということで、兼ねてから行きたいと思っていたアンブリム島の火山を見に行ってきました。

バヌアツはご存知の通り、いくつかの島に火山があります。

たまにテレビで紹介されるのはタンナ島というところにある火山です。

私もこの火山は見学済みですが、火柱が目の前で見えてかなりの迫力です。

車ですぐ近くまで行けるので、観光にはうってつけの火山です。

今回、私たちが出かけていったのは、歩き続けた者しか見ることのできない火山(ベンボウ火山)。

一日かけて山道を歩き、火山の近くでキャンプ。そしてまた1日かけて帰ってくるという、書いてしまえばこのくらいのことなのですが、実際の行程はそれは、それは大変なものでした。

「誰もが見ることができるわけではない、歩いた者だけが見ることのできるすごい火山!」

このフレーズに惹かれて私たちは出かけていきました。

最後まで歩ききれるのか、はたしてどんな道を行くのか・・・・。

全く分からないままの出発でした。

ガイドさんは基本的には一人。しかし、私たちを見て不安に思ったのか、村の若者二人、おじさん一人が加わり、私たち二人に対してガイド四人というちょっとした集団での火山見学ツアーとなりました。

寝袋を持ち、着替えを持ち、食べ物を持ち・・・水が全くないところなので水ももって・・・・。

10kgを超える荷物はガイドさんが持ってくれ、私はちょっとした水とお菓子を持っての登山。

前日は、晴れ渡る青空だったのに、当日は今にも降り出しそうな曇り空。

登り始めて1時間くらいたつとポツポツと雨が。

どんどんひどくなり、途中でタロイモの葉っぱをカサ代わりにしての登山。

坂道はきついし、道はドロでぐちゃぐちゃ。

でもそんなことに気をとられている暇はありません。

少し足を踏み外せば、下へ転げ落ちていくような細い道。

私は何度か足を踏み外して、そのたびにガイドさんたちのたくましい腕で助けられ・・・。

そうそう、忘れちゃいけません。

途中の村で犬が合流。

この犬たち、なかなかすごい!

ちゃんと道を教えてくれるし、友達なんかブッシュトイレの場所まで教えてもらう始末。

時には、野生のブタを捕まえるのだとか、完全な猟犬であり仲間。

途中で数回休憩を取りながらも、約6時間半(約20km)を歩いて本日のキャンプ地に到着。

周りはな~んにもない、川底のような砂地。

早速、テントを張って夕食の準備。

その間も雨がず~っと降り続いていて、すべてのものがベタベタ、シケシケ。

一緒にいった彼らが、火を起こし、ご飯を炊き、途中の川で取った川エビを焼き・・・。

私たちは、「焼きバナナが食べたい!」とか、「お茶が飲みたい!」なんて言っているだけ。

しかし、6人で一つの火を囲みながら一緒にご飯を食べ、お茶を飲み、話をして・・・。

なんとも楽しい時間でした。

豪華なご飯でもない、人数分のお皿がなくみんなで順番に食べ、順番に飲み・・・・けど、本当に美味しくて本当に楽しくて。

しかし、することもないので8時には就寝。

~翌朝~

6時ごろ起き出し、簡単に朝ごはんを食べて火山見学へ出発。

天気は、昨日以上に悪く、視界も非常に悪くて行く方向さえ、わからなくなりそうな感じ。

最初は草などが生えていた大地もどんどんそっけないものになっていき、さらには人が一人通れるかどうかという道なき道を火山目指して歩いていく状態。

周りは完全に同じ景色で、ガイドさんとはぐれたら死ぬだろうなという感じもあり、緊張した1時間半が過ぎました。

見学地点につく頃には、雨は最高潮にひどく、もう上から下までベタベタ。

しかし、すさまじい轟音とにおい、そして煙。

火口は真っ白な煙に覆われて全く見えませんでしたが、その規模の大きさは容易に想像できました。

立っている場所のあちらこちらから煙が出ていて、「地球の息吹」を感じました。

天気がいいときには、火口が完全に奥まで見え、マグマだまりが見えるそうです。

見えなかったことは、ちょっと残念でしたが、それ以上に

「ここまで歩いて到着した」という感動の方が大きかった気がします。

すごい雨とすごい煙でその場に長居することはできず、また1時間半かけて元のキャンプ地まで戻ってきました。

そこで休憩するまもなく、テントを急いで片付けて、帰路に。

私は、火山見学の際にカッパを着ていなかったため、体温がとられてしまい寒くて寒くてカラダがしびれていました。

ガイドさんがカッパを貸してくれ、帰路につきましたが、ここでもまたまたすごい雨。

カラダが冷えて冷えて・・・

「トイレに行きたい。」

その辺の草むらで任務終了。

雨の中、それもその辺の草むら・・・、以前なら考えることなどできなかった行動がいとも簡単にできてしまう自分をたくましいと褒めてやるべきか、大丈夫?と見つめなおすべきか・・・。

そんなことはさておき、下り道のしんどさを思い知る下山となりました。

雨で足場は悪く、さらに延々と続く下り坂。

もう最後の2時間は、膝がわらってわらって、わが体重を支えることができなくなってきていました。

「もう限界!」と思ったときに、うっそうと茂る山道からパッと広がる海の景色。

そうです、海岸に出たのです。

そこからの1時間はしんどいながらも、なんとかまっすぐな道を歩いて無事帰還することができたのでした。

宿泊しているバンガローに帰り、濡れていない洋服に着替えたときのあの爽快感。

私は一生忘れないでしょう。

・・・ということでバヌに来て一番の大冒険を楽しんだのでした。

次回の話題は 、私の赴任している大学の卒業式。

では、みなさんかぜなどひかぬように・・・。

Dsc03339 Dsc03343 Dsc03354 Dsc03358 Dsc03360

« お久しぶりです。 | トップページ | あと1ヶ月!!! »

コメント

はじめまして、いつも楽しみに見させていただいております。長いこと更新されていませんが、忙しいのかな?
突然ですが、私次期隊員になることになりましたTakeと申します。もしよければいろいろとアドバイスもいただきたくコメントしました・・・

残りの期間のバヌライフが充実し、悔いのないものになることをお祈りしています。

Takeさん、返事遅くなりました。個人的にメールのほうへ遅らせていただきましたのでご確認ください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お久しぶりです。 | トップページ | あと1ヶ月!!! »