最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« アンブリム島 Workshop その1 | トップページ | アンブリム島 Workshopその3 »

2007年8月28日 (火)

アンブリム島 Workshop その2

みなさん、こんにちは。

洗濯物をして干し、もうすぐ乾くかな?という時間帯に雨が降り、びしょ濡れになりちょっとへこんでいる今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

さて今日は、

     生活編

私たちは、女子隊員4名、男子隊員1名の計5名で出かけました。

ゲストハウスは、2部屋。

1部屋は完全に寝室用。

もうひとつは、キッチン+布で仕切られた寝室。

女子チームは寝室を使わせてもらい、もう一人の男子Uさんはキッチン側の部屋へ。

部屋の窓は、ガラスもなければ網戸もない。

蚊は入って来放題、刺し放題。

そして村人は、のぞき放題。

常に蚊取り線香を焚きと虫除けをつけている生活。

時には夜、体中を刺されて眠れなかったときも。

そして、電気はなし。

夜になると、ケラシンランプ、懐中電灯、ろうそく、この3つの選択肢以外はなし。

薄暗い部屋で、日焼け止めを落とし、明日の資料の準備をし・・・・。

こうなったら早く寝るしかないわねってことで、早いときには8時には就寝。

(日本で行ったら夜6時ですわね。)

しかし、布団がまた問題。

空気を入れるマットレス、しかし、どこかに穴があいているようで空気を入れても、入れてもフニャフニャ。

腰が沈み痛くてしょうがない。

寝返りをうつとすごい音がするので、周りで疲れて寝ている隊員を起こすのも忍びなく寝不足?(結構寝てたと思うけど、まあ熟睡できずっていうところかしら)

次に水道。

水道って言うか、外に雨水をためる大きなタンクがあり、そこから水を汲んで使う生活。

夜には雨が降ることも多く、出入り口のドアのところに雨どいの端っこがあり、滝のように水が流れ落ちます。

私たちは、蚊の多い外へ行くより、その時間を待ちわび、雨が降り出すとその落ちてくる水で、歯磨き・洗顔。

時には、「飲んでる水も一緒だよね?」とか言って、その落ちてくる水をペットボトルへついで飲んじゃったり。

Uさんは、私たちが寝静まったころ、水着で水浴びをしたとか。

おまけに屋根はトタン。

少しの雨でも、洪水になるんじゃないかって言うくらいに大きな音になって聞こえる。

まあ、何日かは本当にすごい雨だったのだけど。

シャワーというか、水浴びというか。

風が吹くとカーテン代わりの布がめくれ上がり、誰かに見られること覚悟。

バケツで水を運び、コップを使いその水で体の汚れを落とす。(っていうか落としたつもりになってるだけ!?)

時には、寒すぎてお湯をバケツの水に足して使ったり、運動して体を温めてから水浴びしたり。

全裸を見られるかもしれないというスリルと水の冷たさで、ココロは一気に冷却モード。

水浴びが終わると、「今日も無事、終わったぁ~!!」と変な満足感。

さ~て、次はご飯。

私たちも少しは食料を持って行ってはいましたが、3食昼寝つきということだったので安心していました。

いざ、ご飯が到着。

このご飯は、ゲストハウスの周りに住むおうちのママたちが、自分の家のご飯を少し余分に作って分けてくれるというもの。

3~5軒のママが確実にご飯を持ってきてくれるのですが・・・・内容は・・・・。

タロイモ、ヤムイモ、クマラ(サツマイモ)、バナナ、ごはん・・・。

次の日も、イモ・イモ・いも・いも・いも・いも・いも・ばなな。

日曜日のお昼は、テーブルに乗らないくらいのラップラップの嵐。

ラップラップとは、イモやバナナを摩り下ろして石で蒸し焼きにしたもの。

まさにラップラップビュッフェ、食べ放題!

そして、時々、パンやココナッツ味のお魚。

また、いも・いも・いも・いも・いも・・・・

途中で隊員たちは気が狂いそうになるのを抑えながら、何とか解決策を見つけ出そうと、そのイモをつぶして持ってきた缶詰と混ぜてみたり、だしとしょうゆで炒めてみたり・・・。

最後のほうなんか、Uさんの作ったリゾットにラップラップを細かくして入れて、

「ラップラップがチーズの味がする~」とか言って。

末期症状でした、はい。

最初は「どうしてイモばっかりなの?」って思ったときもあったけど、よく考えて反省。

「イモばっかり持ってきてくれるのは、彼らもイモばっかり食べてるってことなんだ!」って。

しかし、美味しいものもあり、ここにこんな風に書いてはいるけれど楽しくご飯食べていましたよ!

最終日は、豚肉も食べられたし!(って書いているけど、日本の人たちが読んだら???ですよね)

そうそう、そういう中でもトイレだけはきれいだったので助かりました。

離れたところにあったので、夜、トイレに行きたくなると困ることもありました。

誰か起きていると一緒に行ってもらったり、ついていってあげたり。

しかし、持ってきたトイレットペーパーがなくなり、村人に買ってきてもらったのですが2つしか手に入らず、隊員のうち1人でも下痢者が出たら、いよいよ葉っぱ出動か!?というピンチもありましたが。

まあ、時間もあるようでなくて、無いようであって。

みんなでバカ話をしたり、怖い話をしたり、それぞれの経験談を語り合ったり・・・。

離島で生活している人はこれが日常なのだと思うと、尊敬のまなざしで見つめざるをえません。

生活は不自由もありますが、慣れてくればネタもいっぱいで楽しいもんです。

(いや、うそつきました。やっぱり大変なものは大変です!)

最後に私の失敗談をひとつ。

どこからも丸見えの寝室。

しかし、周りを見回し、誰もいないと確認し着替えを始めたところ?????

振り返ると、目線が窓の高さギリギリの子供たちがズラリと並んで私の着替えを見ていたのでした。

減るもんじゃないし、まあいいかっ!!!!

どうやったってプライバシーという言葉がこのあたりにあるとは思えないし。

それでは、次回はいよいよワークショップ編です。

ではまた。

Dsc01659 Dsc01661 Dsc01663 Dsc01667

« アンブリム島 Workshop その1 | トップページ | アンブリム島 Workshopその3 »

コメント

こんばんは。今お姉さん達と食事をして帰ってきたところです。さて突然ですが、ここで問題です。紀香さんが新しく車を買うらしいのですが、それはなんでしょうか?ヒント:2シーター、それも前後の!けっこう意外な選択だよ。シャラポアさんは大うけでした(笑)。あまり露出しないようにね。一応女なんだから。

ハイハイ!前後2シーターの紀香です。完全に感覚マヒしてますね。と言うより完全におばさん感覚になってるね。何々、減るもんじゃないってか?それじゃぁーシャラボア姉さんと同じじゃないですかぁ・・・・・ランナー理恵と紀香は、そうならないようにしたいと思います。(クイズヒント:地球にやさしい紀香です。)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アンブリム島 Workshop その1 | トップページ | アンブリム島 Workshopその3 »