最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« バヌアツの冠婚葬祭2 | トップページ | 弓矢づくり »

2007年5月29日 (火)

バヌアツの冠婚葬祭3

みなさん、こんにちは。

こちらは朝・夕、めっきり涼しくなり夜は長袖が必要になってきました。

・・・こういう季節の変わり目に人がよく亡くなるのは日本のみならず、全世界共通のようです。

というのも、今さっきも私のカウンターパート(特に一緒に仕事をする現地の人)とも言えるマダム・エスリーン先生のお母さんが亡くなったということで、彼女の家にみんなで行ってきました。

彼女は、バヌアツ北部のマロ島の出身です。

お母さんはそこに住んでいると聞いていたので、家はどうなっているのかと思いましたが、特に何ということもなく、彼女の家族が悲しみに沈んでいるという状態でした。

家の中に入ると先生が泣いていました。そこへ女の先生達が、何も言わずにただただそっと寄り添い一緒に泣いていました。声を掛けるわけでもなく、何かを話すわけでもなく。男の人たちも近くでジッと下を向いていました。

彼女のお母さんは、土曜日に亡くなったそうです。何度も家族が連絡を試みましたが、エファテに住む彼女達に伝わったのは、日曜日だったそうです。しかし、彼女の旦那さんの体調が良くないので、島へ帰ることもできず、このままここで喪に服すそうです。彼女のお母さんは、4generation(4世代)を生きたと言っていました。さらにお母さんは111歳だったとも。聞き違えたかと思い、確認するとやはりそうらしい。しかし、エスリーンは確か45歳。ってことは、66歳の時の子供!?????う~ん、ここの国の人はかなり数字に弱いのです。

だって同じ年に生まれているのに年齢が違ってもここの人たちは平気なのですから・・・。

まあ、そんなことはさておき・・・。

まるで自分の家族の死を悼むように、悲しむみんなの姿を見てバヌアツの懐の深さを感じました。誰かの喜びは自分の喜び、誰かの悲しみは自分の悲しみ。バヌ人はよく“shealem(シェアレム)”[share:シェア]という言葉を使います。何でも分けっこの意味。ご飯だって、洋服だって、住むところだってみんなで分け合いながら、それが当たり前で生活しています。

やっぱり私はバヌアツが大好き。

幸せな国です。

それでは、また。

« バヌアツの冠婚葬祭2 | トップページ | 弓矢づくり »

コメント

バヌ人のシェアレム文化、いいすよねー。
気持ちのシェアレムも、いいすよねー。
バヌ人、本当にいいすよねー。

昨日、YUKIとみきさんと先生の話をしていました。
卒業アルバムを見ながらあの頃を思い出して笑ったり、みんな何してるかなって考えたり・・・卒業してもう10年以上になるんですよねー。あの頃はみんな若かったなぁ・・・先生も(苦笑)
こうやって昔の仲間達と今でも繋がっていられるのは幸せな事だなと改めて実感します。道は違えど、みんな一生懸命に自分の人生と向き合っているんですよね。
私も、もう一度向き合ってみようと思います。子どもの幸せ、自分の幸せについて・・・

先生、体に気をつけて頑張ってくださいね。

きののした、書き込みありがとう。先生も、こちらでずいぶん悩んだり、苦しんだりしているよ。ただ必ず出口はあるわけで、そのより良い出口を日々探して頑張っています。ほら、あいだみつおさんも言うように、「しあわせはじぶんのこころがきめる」って。自分の心次第で、人生はどうにでも変化させられる、本当にそう思います。では、きののしたもカラダには気をつけて!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« バヌアツの冠婚葬祭2 | トップページ | 弓矢づくり »