最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 地震と津波 | トップページ | バヌアツ・ウェディング »

2007年4月 3日 (火)

バヌアツのカスタム

みなさん、こんにちは。

昨日は、ご心配をおかけしました。

一番、津波が心配されたサント島でも10cm程度の津波?が到達したくらいで本当に良かったです。

夕方には、家に帰っても良いということになり、無事帰宅。

今週、大学では“Library Weekということで、いろいろな催し物があることになっています。

特に図書館との関わりは無いように思うのですが、なぜかこのようなネーミングで催し物が催されます。

昨日も予定通り、オープニングセレモニーがありました。

今年のテーマは、「将来のために私たちのカスタムを知ろう!」ということで・・・。

バヌアツのセレモニーにおけるカスタム・・・・。

<その1>

     豚を殺す。

バヌアツでは豚はとても貴重品です。お嫁さんをもらうとき、豚何頭渡すとか、その人の地位の高さは豚を何頭持っているかで決まるとか、争いごとがあったとき豚何頭で示談にするとか・・・とにかくいろいろなことに豚が使われるわけです。

そのおかげで、豚肉は非常に高価で、ベーコンなんてめったに食べられません。

豚の生姜焼きとか、焼き豚とか・・・あ~、食べたくなってきた!!!!!

・・・ということで、初めて目の前で豚をやってしまう場面を見ました。

周りの先生達からは、これはバヌアツのカスタムだからちゃんとビデオに撮って、日本に帰った時に生徒に見せてあげなさいと言われ恐る恐るDVDにおさめました。

けど本当に見せたら、怒られちゃいそうだな~。

<その2>

     カスタムダンス

バヌアツは何度もいうとおり6つの州からできています。そしてまた、この国はそれぞれが独特のカスタムを持っており、いまだに根強く残っています。それを象徴するように、村ごとにランゲージと呼ばれる独自の言葉があったり、タブーと呼ばれる禁止事項があったり。

タブーで有名なところとしては、ある島では女性はカバを飲んではいけません。いや、それどころか男性がカバを飲んでいるところやカバを作っているところすら見られないのです。

バヌ人に言わせると、カバは男の秘め事なのだとか!?

全く関係なく、それも首相とカバを飲んでしまっている我々女子隊員の立場はいかに!?

まあそれは置いておいて。

というわけで、州・島・村それぞれに残るカスタムダンスは特に有名です。

生徒は6つの州から集まってきているため、同じ州の生徒が集まれば、カスタムダンスが披露できてしまうわけです。

昨日は、6つの州、全てのカスタムダンスを見ることができました。

生徒達も結構、気合いが入っていて、その草の下はもしや・・・ノーパン?

というようなポロリの危険もかえりみず、それぞれのカスタムを披露し合う姿にただ、ただ感動。

小さい頃から、いろいろな場面で自分たちのカスタムを教え込まれ、大学生くらいになるとなんのことなくこうやって踊れてしまう彼ら、いや、バヌアツの人々を本当に尊敬しています。

だって今の日本人、同じことができますか?

いつも思うのは、バヌアツは開発途上国と言われていますが、心の面では途上国ではないということ。

工業や産業の面では、確かに遅れている部分はありますが、自分たちの文化に誇りを持ち、自分たちの文化を守っていこうとする彼らの姿には感動します。

またそれを必死に守っていこうとしているのではなく、ごくごく自然にそれが行われ、子供に伝わっていく様子は私たちも勉強しなくてはいけないことなのではないのかと思ってしまいます。

校内でこんなに簡単に、バヌアツの文化を見られる私は本当に幸せだと思います。

日本では、桜の季節ですね。

みなさんも日本のカスタムを大切に、花見を楽しんでください。

それでは。

Killim_pig_1 Dsc06050 Dsc06063 Dsc06086

« 地震と津波 | トップページ | バヌアツ・ウェディング »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 地震と津波 | トップページ | バヌアツ・ウェディング »