最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 出会いと別れ | トップページ | スポーツ用品。 »

2007年3月21日 (水)

スポーツタイム

みなさん、こんにちは。

今日は、日本は春分の日でお休みだったんですね。

こちらバヌアツは、いつもと変わらない普通の水曜日でした。

さて、今日は久しぶりに学校の話題。

我が大学では、水曜日の午後からは「スポーツ」の時間になっています。

小学校などでも、こうやってスポーツの時間を大きく取っているところも多いようです。

しかし、それゆえ先生達は、体育の授業をやりたがらずこのスポーツの時間と兼ねてしまっているところが多いのも現実です。

要は、先生達が「体育」と「スポーツ」の違いについて良く分かっていないため起こってくる現象なのですが・・・・。

っと、今日はそんな難しい話ではなくて、単純に我が校のスポーツタイムについてのお話。

私は、どんな形でこの時間に関わっているかというと・・・???

単純に、「体育の先生」=「カラダやケガのことも分かるだろう」=「保健の先生」=「応急手当をする先生」ということで、彼らの活動を見守る係。

時間は1:30からスタートなのに、ここは先生の卵が集まる学校なのに、20分も30分も遅れて来て大学の先生から、「次回からもし同じことがあれば欠席扱い!!」と叱られている生徒もいれば、上手にサボって見ているだけの生徒まで様々。

な~んにもしないで観察しているといろいろなことが見えてくるものです。

大学自体は、小高い丘の上にあるのですが、坂を下っていくと全芝生(手入れしていないだけか?)の立派なグラウンドがあります。

私の体育の授業でも利用していますが、グラウンドのすぐ横は、もう海。

眺めの良い気持ちの良いグラウンドで彼らは活動します。

バヌアツは83の島からなる国ですが、その島々を6つの州に分けています。

スポーツタイムでは、その州ごとにチームを作り、何ヶ月もかけてサッカー・バレーボール・バスケットボールのリーグ戦を行います。

アングロフォン(英語を話す生徒)もフランクフォン(仏語を話す生徒)も小学校課程の生徒も中学校課程の生徒も男女も年齢も関係なく、みんなで楽しんでいます。

サッカーなどは、オフサイドフラッグの変わりに木の葉っぱを使ったり。

何だか見ていてとてもほほえましい光景ですよ。

が、私の仕事はケガへの対処。

何人か擦り傷や捻挫で私のところにやってきましたが、何せ応急処置セットがない!ない!ない!

校長先生や教頭先生にかねがねお願いはしているものの予算がなくて、買えないというのが現状。

しょうがなく微々たるながらも、自分の持っているバンドエードやシップなどで対応。

でも、このままではいけないのでまた明日から、先生達に交渉したり、教育省や保健省に話しに行こうかと考えています。

そういえば、先日こんなことがありました。

朝、それもものすごく早く、私の家をトントンする人がいます。

半分寝ぼけて出ると、そこには1人の女子生徒が。

よくよく聞いてみると、昨日頭を切ったから私の頭を縫ってくれないかと。

最初は寝ぼけていたのでよく聞き取れなかったのですが、頭がハッキリしてくるにつれて、何を言っているかが分かりビックリ!

「先生は応急処置ができるから頭も縫えるでしょ?」と。

理由を話し、丁重にお断りをして病院にいくことを勧めましたが、あとで他の先生に聞くとたいしたことはなく病院に行く必要もないとの判断だったそうです。

今年から、新しい試みで生徒達に応急処置の講義も行っています。

詳しい話は、また今度にするとして、応急処置とはなんぞや!?というところから心して講義をしていこうと決心させる出来事でもありました。

ということで、あと2日ですが、がんばりましょう。

先生方は年度末ですね、本当にご苦労様です!

Dsc05931Dsc05945 Dsc05947 Dsc05950

« 出会いと別れ | トップページ | スポーツ用品。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 出会いと別れ | トップページ | スポーツ用品。 »