最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

Birthday Party !

みなさん、こんにちは。

実は先週の木曜日あたりから、家の電話が不通になっていました。

「ザビエル」の風が吹いた次の日からです。

このブログでザビエルの悪口言ったからかしら?

しかし、今朝、無事に復旧いたしました。

みなさん、いかがお過ごしですか?

さて、昨日は私の誕生日でした。

う~ん、いくつかは聞かないで。

でも私は、戌年生まれ。

ここ最近にはないくらいのたくさんの人たちがお祝いをしてくれました。

総勢12名。

ビラ市内に住んでいる隊員はもちろんのこと、近郊の村に住んでいる隊員、そして車で2時間近くかかる村からも私の誕生日祝いに参加してくれました。

特に遠いところに住んでいる隊員などは、今日も朝から仕事があります。

つまり、昨日はドミトリーに泊まり、朝早く起きて、バスに乗って帰っていかなくてはならないのです

早起きが苦手な私からしたら、それはそれは大変なこと!

本当にありがたいと思います。

他の人が、自分のために、その人の時間を使ってくれるというのは本当に大変なことなのです。

日本からこんなに遠く離れた地で、こんなに温かく誕生日を祝ってもらえたことを本当に感謝しています。

同期の隊員からは、ドレスをプレゼントしてもらいました。

彼女が忙しい時間の合間をぬって作ってくれたのです。

本当にうれしかった~。

また写真のように、みんなが料理をしてくれ、ケーキも写真以外にもう一つ大きなバナナケーキを他の隊員が焼いてくれました。

プレゼントをもらい、美味しい食事を食べ、みんなに祝ってもらい・・・・。

人の温かさ、ありがたさが身にしみた一日でした。

ちなみに、大学では、生徒達が「Happy Birthday」を授業のときに歌ってくれました。

本当にいい一日だった~。

みなさんも元気にお過ごしください。

Dsc02599 Dsc02610 Dsc02611 Dsc02619

2006年10月30日 (月)

バヌアツタイム。

みなさん、こんにちは。

バヌアツは久しぶりに青空の月曜日、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

さて、先週末は、JICAの現地スタッフのキャロルさんの通うチャーチ(教会)の建て直し基金を募るためにゴスペルを聞きながらのディナーを行うということで、夕方からみんなで出かけてきました。

6時から始まるということだったので、5時にみんなで集合し、近くのナカマル(カババーのことをそう呼ぶ)でカバを飲んだ後、6時過ぎにチャーチへ向かいました。

日本なら6時からといわれれば、6時から始まりますよね?

しかし、バヌアツだから6時には始まらないだろうということを見越して、6時過ぎにナカマルをあとにしました。

しかし、私達が甘かったっ!!!!

おそるべし、バヌアツ。

遅れて始まるどころか、まだスタッフも集合できていないらしい。

普通ならイライラするところを、「じゃ、カバ飲みなおし!」とか言って、再度ナカマルへ。

行く前に、スタッフの人に、

「どれくらいから始まる?私達、ナカマルに行きたいんだけど・・・」

と訪ねてみると、まだまだ始まらないから、

Yufala mas go long NAKAMARU ! !

「あなたたちは、ナカマルに行くべきよ!」な~んて返事が。

それではお言葉に甘えて!という感じでナカマルへ。

以前にも書きましたが、カバを飲みすぎると食欲がなくなります。

ずいぶん食欲も減退したところで、ようやく始まりました。

なんと6時始まりの予定が8時始まり。

さらに、ゴスペルじゃなかったっけ?

確かに、そりゃ~、確かにチャーチソングは歌っていますよ。

でも、「天使にラブソングを」のイメージだった私はビックリ。

有志のバンドですよね、これ。(下の写真)

ってな、感じで食事は始まり・・・。

ジュースと最後のデザートにはマンゴーが・・・・。

まあ、美味しかったし、楽しかったから良しとしよう!

最近、こういったファンドレージングがいたるところで行われています。

私は、ようやくこれらの楽しさや楽しみ方が分かってきました。

それでは、一週間が始まりましたが、みなさんも元気にがんばりましょう!

では。

Karoru Dsc02575 Dsc02580 Dsc02581_1

2006年10月27日 (金)

ここは・・・?

みなさん、こんにちは。

マンゴーアレルギーの後遺症がまだ少し残る週末、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

さて、今日は家の周りにいる生き物について話をしてみたいと思います。

毎日、生活をしていると何かしらの生き物に出会いますよね?

しかし、ここでは日本では考えられないような生き物がぁっっ!

昨日は・・・・。

大学のまわりの茂みにいたそうです。

これ何だか分かります?

その名も「イ☆グ☆ア☆ナ」

それもつがいで。

模様がついた方がオス、きれいなグリーンの方がメス。

ありえないでしょ~、近所にイグアナいましたって。

それもみんな結構、ふつうの出来事のように取り扱っているから、なおあり得ない。

このイグアナ2匹は、生徒に引き取られていきました。

次。

これは結構、日本でも見られますよね。

ビシュラマ語では「ゲコ」。

いわゆる「ヤモリ」です。

今日は、天気が悪かったので室内で実技をしようと近くの部屋にいったところゲコが。

しかし、このゲコ、良く見ると何と脱皮しているではありませんか。

最初は干からびているんだと思って、靴先でつついてみたら動く・動く。

ビビッていると生徒達が寄ってきて、

「先生もこわいの?俺も怖いんだよ~。」って言う生徒から

「お~、脱皮してるな~」と面白がる生徒までさまざま。

最終的には、「お願いだから、誰か外に出して!」ということで、

男子生徒に出してもらったのでした。

ヤモリって脱皮するんだ~。

みなさん、知っていましたか?

今後、まだまだオモシロ生き物からビックリ生き物までいろいろ紹介できると思います。

お楽しみに!

それでは、みなさん、一週間お疲れ様でした。

ゆっくり休んでくださいね。

ではまた。

Lzard_vert_002_1 Lzard_vert_005_1 Lzard_vert_009_1 Dsc02564_1

2006年10月26日 (木)

まさかの・・・?

みなさん、こんにちは。

サイクロン「ザビエル」は現在、バヌアツから遠ざかっていっております。

さて、「バヌアツのフルーツを語る」の第3日目、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

今日のフルーツは「マンゴー」。

マーケットにも1つ20vtくらいからマンゴーが売られ始めました。

いよいよ、マンゴーのシーズン到来です。

下の写真のように、外見はグリーン、中身はきれいなオレンジ色。

外からさわると、柔らかくていかにも美味しそう!!

ちょっと汚い写真でごめんなさい。

食べた後には、真ん中に大きな種が残ります。

種のまわりには、繊維がいっぱい。

一生懸命食べると、歯にいっぱいその繊維が挟まって、デンタルフロスで取らないといけません。

でもでも、本当に柔らかくて甘くて美味しいのです。

安いし、美味しいから一日何個でも食べてしまいそう・・・。

ががががが・・・・!!!!!

しかし!!!!!!

この写真を取り、美味しくマンゴーを食べた後、私の体に異変がぁ~!

かゆい、かゆい、かゆい。

顔や腕が・・・・・。

以前から先輩隊員たちから、マンゴーにもアレルギーがあることを聞いていました。

その時には、「マンゴーが食べられないなんてかわいそうに・・・・」と思っていました。

でも、まさか自分が!!!

実は2・3日前から少しだけ異変を感じていました。

学校の先生が作ってきたマンゴージャムを購入し、少しずつ食べていました。

なんだか、耳たぶがかゆくて「変だな?」と思ってはいたのですが・・・・。

今朝、起きるとまだ腕や顔はかゆく、少し熱を持っている感じ。

顔は少しむくんでいる感じがするし、腕も熱い。

このブログを書きながらも、たまに顔や腕をポリポリと掻いています。

取り立てて食べ物のアレルギーはない私。

今朝、学校に行き、その話しをすると、

「マンゴーにはいろんな種類があるのよ。その中の一つが合わなかったんじゃない?他の種類を試してみるといいわよ。」と先生達に言われました。

「どうやって見分けるんだ~っ」ていう感じ。

けど、良く考えたら家の前になっているマンゴーとマーケットで買ってきたマンゴーは違う形をしています。

家の前のマンゴーは何回か食べたけど、気にならなかったし・・・・。

もう一度、仕切り直しをしてトライしてみたいと思います。

あ~あ、本当にアレルギーだったらすごく残念・・・マンゴーすごく美味しいのに。

「バヌアツのフルーツを語る」3日目は、とんでもないレポートになってしまいました。

めげずに、いろんなフルーツ紹介するぞ~。

それでは、みなさん、また!

Dsc02553

Dsc02555

Dsc02556

2006年10月25日 (水)

カスタードアップル

みなさん、こんにちは。

サイクロン「ザビエル」の影響で朝から荒れた天気の今日、みなさんはいかがお過ごしですか。

でも、どうして「ザビエル」なんだろ?

ザビエルの頭みたいに、真ん中のサイクロンの目が大きいのかしら・・・?

今日は、この影響で、先生達は早く帰っていきました。

さらに、日本と同じように「明日もし台風がきたら・・・」というプリントも出ていました。

さて、予告どおり、今日のお題は「カスタードアップル」。

たまに、マーケットでは見かけることがありました。

しかし、色といい形といい、とても食べる気には・・・・。

が、先日、JICAの専門家の方のおうちにお呼ばれしたときに食べたのが、この「カスタードアップル」。

衝撃でした!

何でかって?

フルーツなのに、果肉の部分がビックリするくらいクリーミー。

そして、名前の通り、カスタードクリームにヨーグルトを加えたような甘さ。

いっぺんで、ファンになってしまったのでした。

昨日、マーケットに行ってみると、私の目の前には50vtが20vtに値下げされたカスタードアップルが!!

これは買うしかない!と思い購入。

しかし、下の写真を見ても分かりますが、切った後の感じは、エイリアンの様。

これを最初に食した人は、かなりのチャレンジャーだったんだろうな・・・と思いながら、口に入れてみるとやっぱり美味しい!!

先駆者の人に感謝しながら、このフルーツをいただいたのでした。

みなさん、バヌアツにおいでの際には是非、お試しあれ!

それでは、また。

Photo_12 Photo_13

2006年10月24日 (火)

ココナツ。

みなさん、こんにちは。

どうやらバヌアツ北東部ではサイクロンが発生の模様。

しかし、今のところ私の住むエファテ島にはあまり関係がないことを知り、ホッと一息。

みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

さて、今日のお題は「ココナツ」。

マーケットでは、1つ20VTくらいから「グリーンココナス」と呼ばれ売られています。

なぜ、グリーンなのか?

ココナッツは、中がみずみずしい状態のものと、もう少し時間が経ちそうでないものの2種類が売られています。

そうでないものは、料理に使われます。

ココナツミルクは、こういった状態のココナツから作ります。

中が硬くなったココナッツは、「ラスラス」と呼ばれるココナツを削る道具で削ります。

下の写真はそのココナツミルクを作っている過程で、右端に見えるギザギザがそうです。

その後、水を入れ搾れば、ココナツミルクの出来上がり!

って、今日は、そっちの話ではなくて、グリーンの方。

みずみずしいという意味が込められているのでしょうね。

このグリーンココナツを買い、少し大きめのブッシュナイフと呼ばれるもので頭の部分を切ります。

そして、穴を開け、中に入っているジュースを楽しみます。

ワイルドに、そのまま飲んでも良し!

冷やして、コップに移して飲んでも良し!

ほんのり甘くて、栄養分たっぷり。

さらに、カロリーは控えめなので、とってもありがたい。

しかし、グリーンココナツは、それだけではなく2度楽しめるのだ!

ジュースを飲んだあと、ココナツを割ると、なかなからは、プルル~ンとした果肉が!!

これが、ココナツオイルになる原料なのですが、ほんのり甘くてすごく美味しい。

外で、このジュースを飲んでも、必ずその辺の壁を使って、ココナツを割り中の果肉までいただきます。

日本で、飲もうと思うと1000円近くで、観光地で売られていたりします。

こちらでは、その辺に生っているし、買うにしても本当に安い。

今日は4つで60vtのグリーンココナツをゲット。

毎日、いろんなフルーツを楽しんでいます。

次回のお題は・・・・!

その名も「カスタードアップル 」!!

みなさんも、食欲の秋。

美味しいものをお楽しみください。

Photo_11

Dsc02544

Dsc02545

Dsc02548 

2006年10月20日 (金)

虫との共存

  みなさん、こんにちは。

ながながとサボってしまいました。

ごめんなさい・・・。

なぜか今週は忙しく、なかなかゆっくり机に向かう時間がありませんでした。

そして今日の話題は・・・

「虫との共存」

わたしは虫がきらいです。

特に表面の柔らかい毛虫や幼虫などなど・・・。

しかしここにいたらそんなことは言っておられんのです。

日本から殺虫パウダーを送ってもらい、家の周りから窓、出入り口にいたるまできちんと対策をしているつもりです。

いや、つもりでした。

だって最初よりは虫が入ってくる回数も激減したし、家の中に入ってこようという志半ばで息絶えている虫たちもたくさんいましたから・・・・。

けどね!

虫って強いな~って思います。

気がついたら蟻の大群が!!!!!

出入り口もほぼ完璧なのに、どこから来ているのだろうと探索したところ、何と天井から!

「こんなところからぁ~???」ってびっくりしますよ。

さらに大きなクモやヤモリもたまに登場したりします。

しかし彼らは、小さな虫を食べてくれるという良いこともしてくれるので、上手にちりとりに取って退出ねがっています。

しかし、ヤモリは動きが早いので無理。

かれらはやりたい放題です。

まあ、実害もないので共存というところです。

そうは言うものの私の家は、虫はかなり少ないほうだと思います。

他の隊員の家なんかでは、お気に入りのバッグの中でネズミが死んでいたり、ムカデ(これも半端じゃなく大きい)が床をはっていたり、おっきなゴキブリが襲撃してきたり・・・・。

蟻さんには、殺虫剤でお引取り願いました。

少しでも油断をすると、どこからともなくやってきますからね。

同期の隊員なんか、鼻をかんだティッシュをすぐ捨てるのがもったいなくて、もう一度使おうかなって置いておいたらそこに蟻の大群が群がっていたとか。

見たくもない写真を見てしまいました。

「鼻○○」にまで寄ってくる蟻って一体・・・・。

今、このブログを作っているまさに今、この瞬間にもPCの上を一匹の蟻が通り過ぎようとしたため、PCの中にいたのかもと思い、ちょっとビックリ。

こちらはなかなかスキッと天気が良くならず、中途半端な感じですが、日本は今が一番良い時期ではないでしょうか?

少し懐かしくも思ったりしながら、今朝は帰国される人の見送りに行ってきたのでした。

それでは、みなさんも体には気をつけて頑張ってください。

Dsc02516Dsc02508_1Dsc02519

2006年10月12日 (木)

最近のわたし

みなさん、こんにちは。

最近やたらと足に靴ずれができて、バンドエイドが手放せない今日この頃、みなさんいかがお過ごしですか?

いや~、ヤバイですっ。何がって?

先日、自分が写っている写真をみてビックリ!

誰?この人?って感じ。

思い起こしてみれば、あんなこともこんなことも・・・・。

家の周りには、取り放題・食べ放題のパパイアの木、マンゴーの木、バナナの木・・・。

餅系の大好きな私の口にあう、もちもちのイモでできたラップラップ・シンボロ、トゥルック・・・。

「食べっぷりがいいっ!」と言われお呼ばれするお食事会・・・・。

自分のことなのに、気がついていたのに、見てみぬ振りをしていたツケがとうとう回ってきたぁ~~~!!!

母親に写真を送ったら、具体的なコメントもなく。

「あ~、やっぱり太ったのね・・・。」と家にある体重計に向かって独り言。

毎日、体重は計っていたものの、すこ~しずつ、すこ~しずつ増えていくもんだから・・・。

いつかは戻るだろうなんて、甘い幻想を抱いていました。

そこで、気合を入れて!

一念発起!!

もう一度走ることにしました。

前は夕方走っていましたが、シゴトも少しずつ軌道に乗ってくるとなかなか時間が取れず、いつの間にか走らなくなっていたのです。

そこで、早起きが何よりも苦手な私ですが、素敵な水着姿に戻るために(じゃあ、前は素敵だったのかぁ?)朝の涼しい時間帯に頑張ろうと決めました。

ここに書いた以上、続けなければ、そして日本で働いていたころの体重に戻さなければ・・・。

みなさん、たまにはこんな私にハッパをかけてやって下さい。

そして、みなさんも食欲の秋ですが、太りすぎにはご注意を!!!

では、また。

2006年10月 9日 (月)

エマオ島への旅。

みなさん、こんにちは。

3週連続月曜日が雨で授業に困る今日、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

今日は、体育の日でお休みなんですよね。

バヌアツは先週の木曜日、憲法記念日でお休みでした。

土・日を使って近くにある「エマオ島」という島に行ってきました。

1時間半ほどバスに揺られ、その後、ボートで約30分。

またこのボートが揺れる、揺れる!!!

ビックリするくらい良い天気の中、島へ到着。

これまたビックリするくらい美しい海へ、昼食後飛び込みました。

バヌアツでも、有数の海のきれいなところで、透明度約30m。

ダイビングをしているわけでもないのに、足元は素晴らしいサンゴ礁、美しい魚達。

ず~っと雨続きでとても泳ぐ気になれない日々が続いていたので、本当にこの天候が有難かったです。

食事も、村のお母さん達が持ち寄りで作ってくれました。

いろいろな味のラップラップ(イモやバナナをすりおろし大きな葉っぱでくるんで、蒸し焼きにしたもの:食感はもっちりしておもちに近い)を味わうことができました。

いっぱい泳いだのでのでついつい食べ過ぎてしまいそうでしたが、炭水化物99%(ラップラップ・米・ラーメン・イモ・パン、野菜・肉ちょこっと)の食事なので自分の気持ちをコントロールするのが非常に難しかったです。

また、村の子供達の案内で、火口(今は死火山ですが)らしき所にも行ってきました。

今は、ヤシの木やいろいろな植物が生え、とても火口には見えませんでした。

さらには道なき道を子供達と歩き、島の一番高いところへ連れて行ってもらい絶景を堪能しました。

しかし、彼らについていくのは至難の業。

彼らは裸足で道なき道をスイスイ登って行き、われわれはフ~フ~言いながらついていく有様。

しかし、最後に飲んだ取りたてのココナッツジュースは本当に美味しかった!

途中で、村に寄り小学校を見せてもらい調査するなど、ちゃんと休日ながらも仕事を忘れずやってきましたよ!

さて、問題です。

最後の写真は、何でしょう~?

みなさん、答えを是非書き込んでみましょう!

また、今日からがんばります!

Dsc02373 Dsc02413 Dsc02417 Dsc02456 Dsc02470

2006年10月 6日 (金)

Fundraising!(ファンドレイジング)

みなさん、こんにちは。

久しぶりに快晴の天気で、たまっていた洗濯物をしたらバケツの下から、よく分からない虫(多分、ハサミムシ。)が出てきた今日、みなさんはいかがお過ごしですか?

今日は、Fundraising(ファンドレイジング)といってバザーのようなイベントが大学でありました。

バヌアツは、なかなか予算がなく、うちの大学でも例えばボールの空気入れひとつないような状態です。

そういった状態を、少しでも改善するためにこういった催し物をどの学校でも行い、予算の足しにするのです。

こういったイベントでは、食べ物を売ったり、バンドの演奏があったり、ゲームがあったりしてみんなが楽しめるようになっています。

大学の先生から、生徒までみんなが力を合わせてこういったイベントを行います。

生徒達の働きも目を見張るものがあって、本当に良く働いてくれます。

私は、ダーツの係になっていて、1スロー20vtということで一日中、補助してくれた生徒と一緒に外で活動をしました。

昨日から、バヌアツでは音楽祭が始まっており、ニュージーランドやフィジー、ソロモンなどから有名ミュージシャンが来バヌし、演奏会が行われています。

今日も、そのソロモンの有名ミュージシャン、「Saba」が大学に来てミニコンサートを開きました。

一緒に写真を撮ったり、サインをしてもらったりしてしばらく過ごしました。

そのあとは、ダーツの鬼となって4500円くらい一日で稼ぎました。

あとは、持っていった浴衣を着て、このイベントが少しでも盛り上がるようにしました。

初めて学校の大きな行事に参加しましたが、本当に楽しくてあっという間に過ぎてしまいました。

少しでも学校のために今日一日働くことができたのであれば幸いです。

また月曜日から、がんばりますっ!!

Dsc02340 Dsc02370 Dsc02331 Dsc02354

2006年10月 3日 (火)

エファテ島、学校訪問。

みなさん、こんにちは。

ここ数日、雨続きで洗濯物がバケツからあふれる今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

今日は、かねてから大学側にお願いをしていた小学校見学に行ってきました。

ここTeachers Collegeは、バヌアツ6州全てから生徒が集まり勉強をしています。

そこで、現状を知らねば私自身も自信を持って教えられないだろうということで、全州それもJOCVのメンバーのいない、できるだけ田舎の小学校の現状を知りたいということを校長に計画書を持って交渉にいっていました。

まずは、私の住むエファテ島からだろうということで、ポートヴィラ市内をのぞく小学校をリストアップしてもらい、朝から島一周してきたというわけです。

①学校の規模や施設

②きちんと体育の授業はなされているか。

③今後、体育や教育省に期待することなど。

いくつか事前に作ったチェックリストを基に、学校の先生達にインタビューしてきました。

いくつかの学校はビックリするくらい素晴らしく器具がそろっていました。

また器具のそろわない学校でも、ローカルマテリアルを使って、例えばバレーの支柱・サッカーゴールを木で作っていたり、バレーボールのネットをローカルロープ(まあ、草のつるや葉っぱですね)で作っていたり。

中には、サッカーボールを椰子の木の真ん中の柔らかい部分をまるく削って作っているなんていうところもありました。

ただ、残念なことに器具がないから体育の授業はやっていないという学校もあり、今後、私ができることは何かを考えさせられる、いい一日となりました。

この現状を大学生達に知らせ、先生になった暁には、彼らが体育のリーダー的存在として、今、一緒に勉強している資料などを他の先生達と分かち合ってもらえたらいいなと思いました。

また、現職の先生方にも、やる気の違いが見られ、体育に対して消極的な先生にもすこしでもやる気をもってもらえたらうれしいなと思い、そうするためには私にできることは何かも考えなくてはならないと思いました。

また、改めて日本の豊かさを痛感した一日でもありました。

今日は、かなり真面目な課題でしたが、みなさんも飽きずに読んでいただきありがとうございました。

Ekipe_5 Tanoliu_4 Manua_5

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »